不登校対処方法|心友会の強み

心友会の不登校対策の強み

不登校・引きこもりの原因は日常の会話から聞き出す

不登校や引きこもりのお子様がいらっしゃるご家庭では、なぜこうなってしまったのだろうといろいろ原因を考えたりされていることでしょう。

いじめや友達・先生との関係、勉強の問題など原因は様々ですので一概に決めることは出来ませんが、やはり人間関係が原因である可能性が高いと思われます。

これらは、親御さんが日々子供の話をしっかりと聞いてあげることから原因を特定していくことが出来るでしょう。

私共が支援させて頂く際にももちろん話を聞かせて頂きますが、前もって大まかな原因が分かっていればよりスムーズに進めることが出来ると思います。

しかし原因が分かったからといって、子供達ひとりひとりの性格が違うように、対応もひとりひとり変わってきます。

 

心友会にマニュアルはありません

私共心友会には細かいマニュアルはありません

その場その場の状況に合わせて臨機応変に対応します。

これは、今まで様々な人に出会い、経験を積んできたことで培われたものであり、マニュアル通りに動いていたのではすべての人に対応出来ないからです。

よく、「不登校の子供にはこのように接してください」などという文言を目にすることがありますが、人間は感情の生き物です。相手がいる限り、思った通りになかなか物事は進みません。そんな中で、相手の気持ちを理解しながら、同時にこちらからのアプローチ方法を考え実行していく、そのような支援方法をとっており、それが心友会の強みでもあります。

 

「大したことではない」精神

不登校や引きこもりは大きな社会問題となっており、特にご家族にとっては大変心配なことであると思います。

しかし私は、不登校の子供達自身には、

大したことではない、長い人生の中でそんな時もあるし、誰だって同じだよ

と笑って伝えています。ただでさえ苦しんでいる状況の中で、自分は大変なことになっているという更なるストレスを抱えてしまうこと、これは逆効果です

あくまで復学して頂くことが目標ではありますが、焦ったり無理強いすることはせず、時には「学校がすべてではない」と伝えることもあります。

不登校や引きこもりの子供達の多くは、ストレス(プレッシャー)や恐怖心に悩まされています。まずはそのストレス(プレッシャー)から解き放ってあげることが大切です。そうすることで、人の話に耳を傾ける余裕も生まれます。

あとは残りの恐怖心ですが、恐怖心は力です。いかにもマイナスのもので力ではないようですが、気力のひとつです。その恐怖心を闘志に変えてあげることが出来ればゴールはすぐそこです。ぜひ一緒に頑張りましょう!

 

電話やメールでのご相談も可能ですし、大阪の事務所へご来所頂ければお会いしてご相談して頂くことができます。(要予約)

ご契約までは無料ですので、お悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

投稿者プロフィール

大儀洋揮
大儀洋揮
大儀洋揮(おおぎ ひろき)
【出身】:奈良県橿原市 1975年生まれ
【学歴】:奈良県立橿原高校卒 / 桃山学院大学卒(心理学専攻)
【資格】:行政書士
【役職】:心友会 代表理事