不登校や引きこもりは家族全員で乗り切る

親に対する不登校支援

 

親の感じる罪悪感

不登校や引きこもりの問題は、本人だけではなく、ご家族全員の問題であることは何度も書いてきました。

心友会でも、本人のみならず親御さんのサポートもさせて頂いておりますが、その中で感じることは、罪悪感を強く感じておられる親御さんが多くいらっしゃるということです。

なぜ不登校になってしまったのだろう?
自分たちに何か問題があったのだろうか?
間違った教育をしてきたのだろうか?

などと、ご自分を責めておられる方が多くいらっしゃいます。

さらには、不登校や引きこもりになってから、もうどうしていいのか分からず知らず知らずのうちに子供と距離をとるようになってしまったと罪悪感を感じていらっしゃる方もおられます。どれもとても共感出来ることですし、またそういう気持ちは普通のことであると思います。

親御さんへのサポート

そして我々カウンセラーは、そのような親御さんの気持ちを知る必要があります。どのような思いで子供さんに接しておられるかということは、サポートさせて頂くうえで非常に重要です。場合によっては先に親御さんのサポートから始めることもあります。

不登校の子供さんがいらっしゃっても、日々笑顔で明るくコミュニケーションをはかっておられるご家庭と、思い悩んで深妙な面持ちで過ごしておられるご家庭では、子供さんの気持ちにかなりの差があります。

簡単なことではありませんが、子供さんの前で悲愴感やイライラ感などは見せるべきではありません。子供は敏感ですので、そのような感情はすぐに感じ取り、見放されたと思い込んで孤立してしまいかねません。

さらには、最大の味方であるはずの家族をも敵視するようなことになれば、コミュニケーションをとることすら難しくなってしまいます。ダメなことはダメと叱ることは大切ですが、あくまで常に最大の味方であり大きな愛で包み込んであげることこそが非常に大切なことです。

面談での大切なこと

心友会では基本的に、まず最初に親御さんと面談させて頂きます。そこで親御さんの気持ちをすべて教えてください。いいことも、悪いことも、洗いざらい話して頂ければと思います。

その中で、一緒にサポート方法を見出していきましょう。子供さんご本人はもちろんのこと、この問題は親御さんにとっても大変な戦いであると思います。是非我々にお手伝いさせて下さい。そして一緒に乗り越えていきましょう。

電話やメールでのご相談も可能ですし、大阪の事務所へご来所頂ければお会いしてご相談して頂くことができます。(要予約)

ご契約までは無料ですので、お悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

 

投稿者プロフィール

大儀洋揮
大儀洋揮
大儀洋揮(おおぎ ひろき)
【出身】:奈良県橿原市 1975年生まれ
【学歴】:奈良県立橿原高校卒 / 桃山学院大学卒(心理学専攻)
【資格】:行政書士
【役職】:心友会 代表理事