不登校と自殺|命を大切に

不登校の子供の自殺問題

長期休み明けの自殺問題

こんにちは、心友会の大儀です。

2学期が始まり、間もなく2週間が過ぎようとしています。みなさんご存知でしょうか?

実は9月は、18歳以下の子供の自殺者数が最も多い月なのです。

内閣府の調査によりますと、平成25年までの42年間に自殺した18歳以下の子供計1万8048人を分析したところ、9月1日が131人で突出して多く、4月11日が99人、4月8日が95人、9月2日が94人、8月31日が92人など、長期休暇明け前後に増加傾向にあることがわかります。

 

不登校=罪!?

 なぜ長期休暇明けに多いのか、それはご想像のとおりで、休み明けに学校に行くことが耐えがたい苦痛であるということです。いじめ、友人関係、勉強の問題などに悩み、休暇のあとに学校に行くことができない。

でも行かなければならない。この気持ちは誰にも理解してもらえないだろうし、誰にも相談できない。そして孤立した結果、何もかもが嫌になって死んでしまいたい、と考える子供達がいます。

自殺を考えてしまうような子供たちは、学校というものをとても重要に考えていて、学校へ行かない=罪である、という非常に真面目な考えを持った子供たちだと思います。

だから、学校へ行きたくないという相談すらしてはならないと考えてしまうということもあるでしょう。

 

子供の問題は家族全員の問題

ではこのような子供たちの命を守るために大切なことはどのようなことでしょうか。

まず子供の変化を見逃さないということです。

学校へ行きたくないという相談がなかなか出来ない子供でも、何らかのサインを出している場合が多いものです。

急に元気がなくなったり、体調不良を訴えることが増えたりなど、子供のSOSに気付いてあげることが大切です。

そして普段から何でも相談しやすい環境を家庭で作っておくことも大切です。学校や勉強ももちろん大切ですが、過度に期待して子供にプレッシャーを与えてしまっては、相談もしにくいでしょう。

普段から学校での話や友達との話などを気軽に話せる、嫌なことでも気軽に話せるような家族の関係を築いておければ、子供の変化にも気付くことが出来、いろいろな対応がとれます。

そのためには、大前提として親御さんが子供たちと関わる時間をなるべく多く作るという努力も必要です。

仕事の都合などで、なかなか子供達との時間がとりにくい時代ではありますが、この問題は子供達だけでなく、家族全員の問題ですので是非、家族で過ごす時間を大切にして頂きたいと思います。

投稿者プロフィール

大儀洋揮
大儀洋揮
大儀洋揮(おおぎ ひろき)
【出身】:奈良県橿原市 1975年生まれ
【学歴】:奈良県立橿原高校卒 / 桃山学院大学卒(心理学専攻)
【資格】:行政書士
【役職】:心友会 代表理事